学生クレジットカード

クレジットカードの紛失

クレジットカードの紛失

私の特技とも言えることがあります。それが、物をなくすこと、財布をとられることです。財布をとられた回数は、ざっと5回はあります。大体お酒に酔って、そのまま電車で寝ていたら盗まれたとか、ただ単に落としたとかです。そして、いつもカードだけは戻ってくるのですが、財布を失くした時に、真っ先にクレジットカードを停めます。数日後には見つかるのですが、その頃には既に新しいクレジットカードが自宅に届いているという状態です。もう一体何度クレジットカードの再発行を頼んだか知れません。最初のうちは無料で発行してくれましたが、いつからか有料制になり、その時点で、そのクレジットカードを解約して、新しいクレジットカードを作りました。

クレジットカードは一般カードでも十分

クレジットカードは通常は一般カードで十分なものになっていると私は思います。必ずしもハイクラスのカードが必要というわけではなく、高額決済をしない一般の方などは利便性だけを考えた一般カードで十分だと思います。一般カードであっても1ヶ月の利用上限は数十万円となっているので、普通の方はこれで十分だと思います。一括払いの上限も数十万となりますが、もともと数十万円の買い物をすることがそうないと思いますので、一般カードで支払いは十分ではないかと思います。こういった一般カードであればカードの種類も豊富にあるので、好きなデザインを選んだり、好きな会社のものを選ぶことができます。一般カードであれば審査も緩いのでまず審査に落ちることもないと思います。

銀行引き出しの頻度を少なくするために使う

私は最近、できるだけ現金ではなくクレジットカードを使うようにしています。何故かと言うと、生活費など、現金で支払わなければならないものがある場合、そのお金を求めて銀行で引き落としをする必要が出てくるからです。現金ばかり使っていると、結構頻繁に銀行へ行く必要があるのですが、カードを使っていれば現金が減らないので重宝しています。ただ、ちょっとした買い物、例えば千円以下の買い物の場合はなんとなくカードを使いづらい気持ちがあります。これで小銭はちょくちょく減っていきます。電車賃でもまた同じですね。最近の休みはアクティブに出かけたので交通費だけでもまあまあかかりました。便利なので、これからもクレジットカードはもっと使うと思います。

台湾のクレジットカード事情

海外旅行は、現地の通貨を両替するのが面倒なため、なるべくクレジットカードを利用している私です。ですが、先日の台湾旅行ではクレジットカードがあまりにも使えない事に驚きました。台湾ではクレジットカードが使えるのは、大きな百貨店や免税店位で、旅行で欠かせないグルメ(レストランやカフェ)ではほとんど使う事ができずに、これには本当に参りました。・・・というのも、空港に到着したのが、街中の銀行がやっていない夜だったため、空港で両替する額は最低限(1万円位)にしました。いつも通り現金はホテルのチップの支払いやコンビニエンスストアで使う位につとめて、楽しみにしていたグルメはカードで支払いを済ませようと思っていました。ですが、翌日の朝食のレストランではクレジットカードの支払いを拒まれ、そして昼食のレストランでもクレジットカードを使う事ができず、手持ちの現金はどんどん減っていきました。仕方なく追加で両替したのですが、両替した台湾ドルをうまく使い切ることができずに、帰りの空港で再両替(台湾ドル→日本円)するはめになり、両替手数料だけでもばかにならない金額になってしまいました。改めて、クレジットカードが使えることのありがたさを感じた旅になりました。

ホーム RSS購読 サイトマップ